妊娠期の“今”を一生残すマザーフォトミック

マザーフォトミックとは、「Mother + Photo + Rythmique(リトミック)=Motherphotomique(マザーフォトミック)」妊婦のポートレート撮影技術をマスターする講座で、MPAがオリジナルで作った造語です。
MPAでは、従来にはない新しいアプローチのマタニティーフォトを提唱しています。

女性にとって人生の中で最も貴重で特別な妊娠期。

一人の女性の体に命が宿り妊娠がわかった瞬間から「ママ・お母さん」への時間はゆっくりとスタートします。

そんな変化していく妊婦さんの心と身体に寄り添いながら特別なonly oneのマタニティーフォトを撮影する技術をマスターできるMPAのエキスパートコースです。


従来のマタニティーフォトイメージ

妊婦さんの体型記録?

お腹をさらけ出す?

お腹にペイント?

家族のスナップ写真の延長?

過剰な演出?

マザーフォトミック

妊娠期“大人の女性の”ポートレート

マタニティー期の心象をカタチに

妊娠したその日から始まる我が子とのコミュニケーション

マタニティー期の日常・気持ちを写真に残す


修了すると何ができるようになる?

MPA認定マザーフォトグラファーとして活動し、マザーフォトミックを妊婦に提供できるようになります。

 

マザーフォトミックの作品をお客様に納品し撮影収入を得ることができるようになります。

 

フォトグラファーとしての活動の場が広がります。

 


どんなことを学ぶの?

心象に残る風景・四季・色彩をより意識した妊娠期のポートレート

写真の要素になぜリトミック?
本来のリトミックとは、「オトを感じてカラダを動かす」ことではなく、身の回りのコトを感じ、感性を高め、「ココロを動かす」ことです。

ママになる準備期間でもあるマタニティー期は様々な意味で感性が高まる時期でもあります。
その多感なマタニティー期の心象を作品にするために、マザーフォトミックは、色彩・四季・情景などを意識したポートレート作品が多くなります。

マザーフォトミックでは、フォトグラファーとのコミュニケーションを通じて、“今しかない”貴重なマタニティー期の心象を、一生残る作品として提供いたします。

ポートレートの肝はコミュニケーションです

ポートレートはコミュニケーションを基本とした共同創作となります。
妊婦さんときちんと寄り添いながら“作品を共に創る技術”を習得していただきます。
単なる撮影技術を習得するだけでは、妊婦さんとコミュニケーションを取りながらのポートレート撮影はできません。

同じ女性であり、ママだから撮れる1枚お腹の中の赤ちゃんと一緒に過ごす日々。
感じた想いを移りゆく季節とともに妊婦さんにとって大切な場所、

特別な場所、ロケーションの中での撮影を通して大切に残していきます。

マザーフォトミック講座では、妊娠期間のポーレートを撮影するためのスキルと、マザーフォトミックを撮影るためのコミュニケーションについて深く学びます。


マザーフォトミック講座概要

受講日程10時間(講義・実技)+自主学習
講座概要マザーフォトミックとは、マザーフォトミック撮影技術
大人の女性とのコミュニケーション
撮影実践
お腹の赤ちゃんとのコミュニケーション
ケーススタディー
卒業制作指導
受講資格女性ならどなたでも
受講スタートできます
受講料金150,000円(税別)
※ テキスト・各種帳票
プレミアムマザーオイル・おくるみ
マザーフォトミック認定試験料金30,000円(税別)
その他原則、レンズ交換ができる
ミラーレス一眼カメラを使用します。

 

お問合せ
申込みはこちら